神戸大学大学院工学研究科建築学専攻
神戸大学工学部建築学科
MENU

Introduction専攻・学科紹介

建築学教室からのメッセージ

建築学専攻 専攻長・建築学科 学科長 高田 暁

 神戸大学工学部建築学科は、全国でも有数の歴史を持っています。その前身は、1921(大正10)年に設立された、神戸高等工業学校建築学科にはじまり、戦後、神戸大学工学部の建築学科となり、2021年に創立百周年を迎えました。その間、1976年に環境計画学科が設立され、2学科で一体となった教育が行われてきましたが、2007年に学部は工学部建築学科、大学院は工学研究科建築学専攻と一本化されています。現在の建築学科は、1学年93名の学生定員をもち、学部卒業生の約7割が大学院博士前期課程(いわゆる修士課程又はマスターコース)に進学し、さらに大学院博士後期課程(いわゆるドクターコース)では30名以上の学生が研究に励んでいます。

 建築学は、人間生活の基盤である住宅やさまざまな建築物を適切に計画・設計・建設・維持管理するための学問であり、自然科学だけでなく社会科学に根ざした学術・技術、さらには芸術など多様な要素を必要とします。また、建築は単体の建物として存在するのではなく、都市空間・地球環境を構成する要素ですから、そのような観点からの教育・研究も重要となっています。神戸大学の建築学科及び大学院建築学専攻では、幅広い建築学のいずれの分野についても、バランスよく総合的に学べる教育体制を整えており、地球的視点に立った広い視野を備え、高度な専門的知識と技術をもった、主体性と独自性のある多様な人材の育成を目指しています。同時に、安全・快適で美しい建築、建築群や環境づくりに向けた研究に教員と学生が共に取り組んでいます。

 神戸大学の建築学科及び大学院建築学専攻は、長い歴史の中で多くの卒業生を輩出し、卒業生は、建築設計、建築構造、建築環境、建設業、都市計画コンサルティング、官公庁、教育・研究など、幅広い分野で活躍しています。また、ワシントン大学(米国)、天津大学(中国)、西南交通大学(中国)、鄭州大学(中国)、カリフォルニア大学サンディエゴ校(米国)、南カリフォルニア大学(米国)、タンペレ工科大学(フィンランド)、ガジャマダ大学(インドネシア)などとの交換留学や学術交流の推進、自然災害の被災地域との連携などを通して、一層充実した教育・研究を展開しています。