神戸大学大学院建築学専攻/建築学科計画系インターンシップ講演会
  
 神戸建築学 

 新たな環境創造における建築学の可能性

update 2022.6.29  

第一線で活躍されている建築家と研究者を招き、講演後には講師と神戸大学の院生・学部生との自由な討議の機会を設ける。新たな環境創造における建築学の可能性を探る機会としたい。

     

 

主催:神戸大学大学院工学研究科建築学専攻
共催:木南会(神戸大学建築系同窓会)
 ■2022年度講演会のご案内
  第48回神戸建築学 渡邊大志氏(建築家・早稲田大学准教授)
         「Xover Architecture」
    日時:2022年7月11日(月) 18:00〜20:00(17:30開場)
場所:神戸大学工学部 LR401(定員150名、要申込、先着順)
    講師:渡邊大志(ワタナベ タイシ)
    1980年生まれ。早稲田大学創造理工学部建築学科准教授。専門は建築デザイン・都市史。リンクアーキテクツ株式会社主宰、世田谷まちなか観光交流協会委員、港区景観審議会委員、第22期日本建築学会代議員、東京建築士会事業委員。2005年、早稲田大学理工学術院建築学専攻修了 (石山修武研究室)。同年、石山修武研究室個人助手。2012年、東京大学大学院工学系研究科博士課程修了(伊藤毅研究室)。2016年、早稲田大学創造理工学部建築学科准教授、株式会社渡邊大志研究室一級建築士事務所設立。2019年から 2020 年まで、フィンランド・アアルト大学客員研究員。2022年、リンクアーキテクツ株式会社に改称。主な作品に「節会/倉庫と舞台」「レッドハウス」「モリスハウス」など。主な展覧会に「ひとつなぎの建築 Unity Architecture - 3 projects, 3 exhibitions, 18 objects - in Finland and Japan」展、「Nation of Sorrow」展、「ブ ルーインフラがつくる都市」展など。単著に、『ひとつなぎの建築』(ADP出版、2021)、『東京臨海論ー海からみた都市構造史ー』(東京大学出版会、2017)など。共著に『図説 港区の歴史』(港区、2020)、『みるよむあるく東京の歴史 第5巻』 (吉 川弘文館、2018) など。主な受賞に、東京建築士会住宅建築賞金賞 (2021)、日本フィンランドデザイン協会賞(2021)、日本建築学会作品選集新人賞 (2022) など。
    第48回ポスター(pdfファイル)
   
 
   
 ■お申し込み
 

*参加費無料です。
*神戸大学教職員・学生、木南会会員、その他学外の方も参加できます。
*参加者は下記申込フォームよりお申し込みください。
  (神戸大学教職員・学生、木南会会員の方も下記よりお申し込みください)
 2022年7月11日(月) 第48回 渡邊大志氏 → 申込フォーム(定員150名、先着順)

 申込締切:2022年7月10日(日)まで

 申し込みフォームに下記を必ずチェック・ご入力ください。
  お申し込み講演会名・ご氏名・ふりがな・ご所属・メールアドレスなど

 ■会場案内
 

神戸大学工学部 LR401 案内図をダウンロードできます:案内図(pdf)

     
 ■これまでの神戸建築学 講師一覧(敬称略)
  2021年度(第46回、第47回)
    平田晃久 内藤廣
  2020年度
    (コロナのため中止)
  2019年度(第44回、第45回)記録
    豊田啓介 近井務
  2018年度(第43回)記録
    曽野正之
  2017年度(第41回、第42回)記録
    遠藤克彦 内田樹・光嶋裕介
  2016年度(第39回、第40回)記録
    馬場正尊 スミルハン・ラディック
  2015年度(第37回、第38回)
    原広司 團紀彦
  2014年度(第31回〜第36回)
    大谷弘明 長谷川浩己 腰原幹雄 吉良森子 新居千秋 栗生明
  2013年度(第25回〜第30回)
    竹山聖 田瀬理夫 本多友常 二川由夫 千葉学 北山恒
  2012年度(第19回〜第24回)
    宮城俊作 高松伸 乾久美子 重松象平 山本理顕 入江正之
  2011年度(第13回〜第18回)
    芦澤竜一 米田明 前田茂樹 伊東豊雄 藤森照信 手塚由比
  2010年度(第7回〜第12回)
    三分一博志 古谷誠章 高村雅彦 竹原義二 佐々木葉二 妹島和世
  2009年度(第1回〜第6回)
    小嶋一浩 陣内秀信 宮本佳明 武田史朗 西沢立衛 原広司
神戸大学大学院工学研究科建築学専攻・建築学科HPへ戻る