HOME 研究内容 研究室紹介 NEWS オープンゼミ 見て歩き会 BBS LAB. LINK
  ホームオープンゼミ >開催記録

オープンゼミ<RCUSSセミナー>開催記録

                 
第127回
2009年4月
米国ハリケーン・カトリーナ災害の被災地ニューオリンズ市における住宅再建と復興のかたち
  近藤民代(神戸大学大学院工学研究科建築学専攻)
災害復興期におけるコミュニティビジネス
  菅磨志保(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)

第126回
2009年3月
子供の火遊びによる住宅火災の統計と事例調査
  鈴木恵子(総務省消防庁消防技術政策室主任研究官)
マンションコミュニティをベースとした非常時相互支援の可能性
-首都圏・京阪神2697世帯アンケート調査結果より-

  村田明子(清水建設技術研究所研究員)
第125回
2009年2月
「防災ニューディール政策」の可能性とその効果
-老朽住宅の耐震改修促進に向けたポリシーミックス-

  紅谷昇平(人と防災未来センター 主任研究員)
第124回
2009年1月
阪神・淡路大震災を踏まえた防災教育プログラムの現状と課
  林大造(神戸大学都市安全研究センター学術推進研究員)
既存不適格建築物の耐震補強について
  藤永隆(神戸大学都市安全研究センター准教授)
第123回
2008年12月
第5回四川大地震報告会
中国・四川大地震に対する社会的反応:災害復興への論点
  渥美公秀(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター)
第122回
2008年11月
第1部 14:00~15:00 建築物の防火対策
小規模建築物の防火対策について
  大西一嘉(神戸大学工学研究科建築学専攻)
第2部 15:00~17:00 第4回四川大地震報告会
四川の被災地復興について
  大西一嘉(神戸大学工学研究科建築学専攻)
四川大地震の復興計画につ いて
  
顧林生(清華大学都市計画設計研究院)
第121回
2008年10月
第3回四川大地震報告会
四川大地震について

  室崎益輝(関西学院大学教授、神戸大学名誉教授、
        神戸大学都市安全研究センター特別研究員)
第120回
2008年9月
災意識向上のための効果的な応急手当講習方法
  安田康晴(国士舘大学体育学科スポーツ医科学科講師)
アメリカと感染症
  
岩田健太郎(神戸大学都市安全研究センター教授)
第119回
2008年8月
地震時の緊急用水の確保と地震対策について
  鍬田泰子(神戸大学工学研究科市民工学専攻准教授)
風土の自然水利で木造都市を火災から守る環境防災水利の整備と活用
  
大窪建之(立命館大学理工学部都市システム工学科教授)
第118回
2008年7月
第2回四川大地震報告会
地震発生から50日目の四川(綿陽~安県~北川自治県周辺について)
  斉藤雅彦(神戸大学都市安全研究センター助教)
汶川地震による地表断層・地震動・ライフライン被害と復旧
  鍬田泰子(神戸大学工学研究科市民工学専攻准教授)
四川大地震による斜面災害-地盤工学会第2次調査団に参加して-
  沖村孝((財)建設工学研究所常務理事、神戸大学名誉教授、
       神戸大学都市安全研究センター特別研究員)
四川大地震による建築物の破壊状況と原因分析
  孫玉平(神戸大学工学研究科建築学専攻教授)
中国・四川大地震支援プロジェクトの活動について
  王柯(神戸大学国際文化学研究科教授)
地震発生から約2ヶ月後の都江堰市の状況
  
北後明彦(神戸大学都市安全研究センター教授)
第117回
2008年6月
第1回四川大地震報告会
四川省大地震調査報告
  
田中修平(アジア防災センター主任研究員)
四川省大地震の被災地から
  
吉椿雅道(CODE海外援助市民センター
四川省大地震での日本企業被災状況とBCP

  
田中泰雄(神戸大学都市安全研究センター教授)

什邡 (山村) と都江堰市 (中規模の都市) における被害と復興課題
  
塩崎賢明 (神戸大学大学院工学研究科建築学専攻教授)
第116回
2008年5月
中越地震における避難所と地域組織
  紅谷昇平(人と防災未来センター主任研究員)
大規模災害時の避難所管理・運営に関する研究開発
  森田孝夫(京都工芸繊維大学教授)
第115回
2008年4月
社会的要因に着目した住宅火災に関する研究
  鈴木恵子(消防庁消防技術政策室)
地震時の火災と住民対応行動に関する研究
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター)
第114回
2008年3月
地震火災時における地域消防力評価手法に関する研究
  芝真里子(研究室大学院生)

火災リスク評価を用いた密集市街地の火災安全に関する研究

  秋元康男(研究室大学院生)
第113回
2008年2月
大規模災害時の瓦礫空間からの救助・救命及び訓練施設について
  吉村晶子(防災科学技術研究所
        地震防災フロンティア研究センター(EDM))

災害医療の理論と実践の狭間にあるもの
  中尾博之(都市安全研究センターDMAT災害支援特別部門准教授)
第112回
2008年1月
台湾集集大地震と阪神・淡路大震災の復興比較と交流について
  垂水英司(兵庫県建築士会会長、元神戸市住宅局長)
台湾集集地震の復興過程で基金が果たした役割と今後の住宅再建のあり方

  謝 志誠(財団法人921震災重建基金会執行長、国立台湾大学教授)
第111回
2007年12月
建築防災計画の最近の傾向と課題
  土屋伸一( (株)明野設備研究所企画部)
第110回
2007年11月
密集市街地の街区レベルの防災―地域消防力によるソフト対応とハード改善―
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター安全都市づくり研究分野教授)
震災火災時における地域住民の消火活動に関する実験
  芝真理子(神戸大学大学院自然科学研究科修士2年)
第109回
2007年10月
2007年新潟県中越沖地震による建築物・住宅の被害と被災者支援・住宅再建・復興の働き
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター安全都市づくり研究分野教授)
インド洋津波後の被災観光地の復興過程とその課題―タイ南部でのインタビューをもとに―
  柄谷友香(名城大学都市情報学部准教授、
        神戸大学都市安全研究センター客員准教授)
第108回
2007年9月
ハリケーン・カトリーナ災害におけるニューオーリンズの復興計画の現状と課題
  近藤民代(人と防災未来センター主任研究員)
減災に取り組む民間先進事例報告
  青田良介(ひょうご・まち・くらし研究所、
        神戸大学都市安全研究センター客員准教授)
第107回
2007年7月
共生的安全のための建築防災計画
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター教授)
建築空間の安全化-日常時と非常時-
  吉村英祐(大阪工業大学工学部建築学科教授)
第106回
2007年6月
世界の都市復興と共生的安全
  室崎益輝(神戸大学名誉教授 消防研究センター所長)
第105回
2007年5月
災難(災害)地域における被害 住民の救護体系の改善-韓国の事例報告
  金泰煥(神戸大学都市安全研究センター客員教授)
安全都市づくりの研究課題と展望
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター教授)
第104回
2007年4月
避難安全検証法の概要
建築防災計画の意義と課題
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター教授)
第103回
2007年3月
防火管理体制を反映させた商業施設の火災安全設計
  淡野綾子(神戸大学大学院大学院生)
病院におけるエレベータ利用避難のあり方
  西尾俊広(神戸大学大学院大学院生)
第102回
2007年2月
湯浅伝建地区の防災まちづくりの課
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター 本研究室助教授)
伝建地区における町家と一般住宅の防災性能評価
  竹内優介(神戸大学工学部学部生)
伝建地区における住民の消火活動の可能性
  北村文枝(神戸大学工学部学部生)
伝建地区における建物改修と住民消火活動による延焼遅延効果
  秋元康男(神戸大学工学部大学院生)
第101回
2007年1月
住宅再建・被災地復興における共生的安全① より良い住宅・都市復興モデル
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター助教授)
住宅再建・被災地復興における共生的安全② 国内外の住宅再建事例の分析
  堀裕貴(神戸大学工学部 本研究室学部生)
住宅再建への道標
  紅谷昇平(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)
第100回
2006年12月
<< 第100回記念 >>
少子・高齢社会に向けた安全・安心コミュニティ支援システム
  村田明子(清水建設技術研究所)
市街地火災安全性能の記述
  岩見達也(国土交通省国土技術政策総合研究所)
阪神・淡路大震災の経験から見た今後の地震防災対策とは
  越山健治(人と防災未来センター)
防災研究者の原点を問い直す
  室崎益輝(連携教授 消防研究センター所長)
第99回
2006年11月
被災者支援システムについて
  菅磨志保(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター 特任講師)
第98回
2006年10月
伝統的町家の防火をめぐる最近の状況
  竹内優介(当研究室学部生)
目標達成ツリーによる伝統的町家の防災性能評価に関する研究
  油野麻由美(大阪府庁 元研究室大学院生)
第97回
2006年9月
大規模災害時に有効な避難誘導計画における都市機能整備
  秋月有紀(京都大学非常勤研究員・ 立命館大学COE客員研究員)
大規模地下空間における災害時のリスク評価と安全対策に関する研究
  田中敦子(独立行政法人産業技術総合研究所)
第96回
2006年7月
伝統的街並みと安全・共生のデザイン
  室崎益輝(連携教授 消防研究センター所長)
第95回
2006年6月
グループホーム火災について
  室崎益輝(連携教授 消防研究センター所長)
第94回
2006年5月
カトリーナ災害の災害対応と復興に関する調査
  越山健治(人と防災未来センター)
カトリーナ災害の復興について
  小林郁雄(非認証NPO きんもくせい)
第93回
2006年4月
地域産業の災害時事業継続計画について
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター)
災害後の産業復興とまちづくり
  紅谷昇平(神戸大学大学院)
第92回
2006年3月
市民消火を考慮したミクロ延焼シミュレーション
  幾代健司(神戸大学大学院)
地震時建物倒壊等を考慮したミクロ延焼シミュレーション
  秋元康男(神戸大学)
第91回
2006年2月
グジャラート地震復興調査報告
  渡辺玲子(翻通訳者、2005年1月グジャラート調査に参加)
生活の回復と安全性の確保を考えた復興について
  北後明彦(神戸大学都市安全研究センター)
スリランカ復興調査報告
  青田良介(ひょうご・まち・くらし研究所)
第90回
2006年1月
JR福知山線列車脱線事故消防活動概要
  藤岡俊憲(尼崎消防局)
第89回
2005年12月
農山漁村における災害と復興
  塩崎賢明、伊藤庸一、岡田知子、重村力、山崎寿一
第88回
2005年11月
「建物構造と火災現象」(木造建築物編)について
  松田雄治、志井秀樹(神戸市消防局)
第87回
2005年10月
火災リスクを考慮した性能設計
  佐藤博臣((株)イー・アール・エス リスクマネジメント部長,
         NPO日本防火技術者協会理事長)
第86回
2005年9月
災害復興をめぐる制度的諸問題
  室崎益輝(消防研究所)
第85回
2005年7月
災害多発時代の備えと復興
  塩崎賢明(神戸大学工学部教授)
第84回
2005年6月
戦略的性能設計のすすめ ~考える避難安全設計~
  久次米真美子(日建設計)
第83回
2005年5月
減災環境設計とサスティナブルコミュニティ
  室崎益輝(消防研究所)
第82回
2005年4月
自主防災から始める緊急対応型防災まちづくり
  入江健二、小泉真一郎(大阪府)
第81回
2005年3月
街区特性からみた犯罪発生構造
-伊丹市における犯罪マップの分析-
  横山健志(大学院生)
防犯に配慮したまちづくり
-自主防犯活動団体や民間企業の取組みから考える-
  藤井貴弘(大学院生)
第80回
2005年2月
エレベータ利用を想定した避難誘導方法
-病院でのエレベータ避難事例から考える-
  水上点睛(大学院生)
第79回
2005年1月
首都直下地震の火災危険に備える
-阪神大震災における経験を生かす-
  室崎益輝
第78回
2004年12月
建築火災と避難安全対策  -避難・煙制御対策のポイント-
  田中哮義(京都大学防災研究所教授)
第77回
2004年11月
木造の街の防災安全性は確保できるか
  北後明彦
第76回
2004年10月
延焼シミュレーションによる高山市三町伝建築地区の防災性能評価
  樋本圭祐(京都大学大学院)
第75回
2004年9月
地域防災力の向上に向けたひとづくり・まちづくり
  柄谷友香(京都大学大学院工学研究科)
第74回
2004年7月
わが家を地震からまもる -木造住宅の被害・予測・対策-
  堀江啓(防災科学技術研究所地震防災フロンティア研究センター)
第73回
2004年6月
米国における防災協働社会を考える
-ノースリッジ地震後におけうr中間支援団体の役割を例に-
 ひょうご・まち・くらし研究所 青田良介
 
第72回
2004年5月
阪神淡路大震災の教訓(室崎)  
第71回
2004年4月
インド・グジャラート地震/イラン南東部地震 
都市・住宅復興の現状と課題 パート2
(1)インド・グジャラート地震後の復興について
  ラジブ・ショウ(京都大学地球環境学堂)
(2)イランにおける災害対策
  ジーラ・プーヤン(神戸大学都市安全センタ-)
(3)インド、イランの復興対策の比較
  永松伸吾(人と防災未来センター)  
 
第70回
2004年3月
<室崎先生退職記念オープンゼミナール>
  阪神・淡路大震災と防火研究(室崎) 
第69回
2004年2月
(1)インドグ ジャラート州カッチ地震後の住宅再建・復興計画
    当研究室 修士課程1年 藤井貴弘
(2)イラン・バム地震後の住宅再建・都市復興計画の状況について
    北後明彦
第68回
2003年12月
国際的な防災活動の現状と今後の方向
 国連地域開発センター 岡崎健二
 (神戸大学都市安全研究センター客員教授)
第67回
2003年11月
「なぜ、住民は避難しないのか?
   -2003年十勝沖地震の検証と提案-」
 まちづくり計画研究所 渡辺実
第66回
2003年10月
最近の地震、これからの地震について考えること 室崎
第65回
2003年8月
アルジェリア地震の被害と国際緊急援助について
 人と防災未来センター 専任研究員 越山健治
第64回
2003年6月
(1)南米における高層ビル火災と崩壊
  小野ロザリア 教授(ブラジル サンパウロ大学)
(2)わが国における住宅火災の実態と防火対策の課題
  関沢愛 教授(東大、消防研究所)
第63回
2003年6月
伝統木造土壁の防火性能と歴史的町並みの再興
 早稲田大教授 長谷見雄二
第62回
2003年5月
(1)最近の避難安全性能評価事例について(吉田俊之)
(2)広島西消防署の防災計画について(室崎益輝)
第61回
2003年4月
最近の防犯環境設計の取り組みについて 室崎
村上(京都府大)卒論
第60回
2003年3月
韓国の地下鉄火災事故について 崔榮和(当研究室博士課程院生)
地下鉄火災事故と防災対策 室崎益輝
第59回
2003年2月
国内外の大規模災害後の住宅復興について
 人と防災未来センター(DPI)専任研究員 越山健治
第58回
2003年1月
台湾921地震後の住宅再建の現状(室崎益輝)
第57回
2002年12月
法善寺横丁の被災と復興について(北後明彦)
第56回
2002年11月
復興8年の検証について(室崎益輝)
第55回
2002年10月
有珠山の噴火災害とその後の復興について(室崎益輝)
第54回
2002年 7月
再び、WTCのテロについて(室崎益輝)
第53回
2002年 6月
刑事責任としての過失と事故調査
 佐藤健宗法律事務所  佐藤健宗
第52回
2002年 5月
再び「阪神・淡路大震災犠牲者 聞き語り調査」について -聞き語り調査の意義と課題-(室崎益輝)
第51回
2002年 4月
明石歩道橋事故における群衆流動解析(室崎)
第50回
2002年 3月
<第50回記念 研究室発足25周年記念>
蘇 幼波(中国唐山工程学院教授)唐山大震災の復興について
立木茂雄(同志社大学教授)生活復興の実態と評価について
第49回
2002年 2月
木造密集市街地の防災対策 -災害危険度判定手法について-
  地域環境防災計画研究所長 山田剛司
人と防災未来センターの構想について(室崎)
第48回
2002年 1月
災害調査と事故調査(室崎)
第47回
2001年12月
ニューヨークWTCテロ事件における避難等について(室崎)
第46回
2001年11月
1996年中国雲南地震における都市復興調査の報告(越山)
台湾地震2年後の状況について(室崎)
第45回
2001年10月
火災性状予測計算を用いた安全性能の検証(吉田)
新宿歌舞伎町の雑居ビル火災について(北後)
第44回
2001年 9月
明石の群衆なだれ事故について(室崎)
第43回
2001年 7月
放火火災要因分析と防止対策(神戸市消防局)
防犯環境設計理論からみた放火火災対策について(室崎)
第42回
2001年 6月
阪神・淡路大震災時の市街地火災の燃焼性状について
   関藤幹人(元本研究室院生、現岡山県庁)
阪神・淡路大震災時の火災の出火機構について
   村田明子(本研究室大学院生)
第41回
2001年 5月
インド西部地震報告  アジア防災センター 青田良介
阪神淡路大震災から6年経過した今、憂うこと
  まちづくり計画研究所 渡辺実
第40回
2001年 4月
第2回火災行動国際シンポジウム(ボストン)について(北後)
アトラクション型テーマパークの防災対策について
 ~ユニバーサルスタジオジャパンを例にして~  (室崎)
第39回
2001年 3月
FEMA(米国緊急事態管理庁)について 
  兵庫県参事 長尾一郎
第38回
2001年 2月
復興マニュアルについて 
  日本システム開発研究所 佐藤隆雄
トルコ地震後の住宅再建について(室崎)
第37回
2000年12月
統計にみる被災地の住環境 
  三和総合研究所 紅谷昇平
都市の放火対策について(室崎)
第36回
2000年11月
鳥取県西部地震と住宅再建(室崎)
第35回
2000年10月
1985年メキシコ地震における住宅復興計画について(越山)
戦災と震災からの復興について -神戸市を例にして-(室崎)
第34回
2000年 9月
火災調査の歴史-建築物の防火・避難計画に果たしてきた役割(北後)
関東大震災と文化人(室崎)
第33回
2000年 7月
市民参加の防災まちづくりを進めるために
  防災アンド都市づくり計画室 吉川 仁
防災からみた復興まちづくり(室崎)
第32回
2000年 6月
建築基準法の性能規定化について 当研究室院生 吉田俊之
有珠山噴火における避難と住宅再建について(室崎)
第31回
2000年 5月
まちづくりにおける防災ランゲージの可能性について(安野陽子)
現代都市における街路犯罪発生構造と市街地属性との関係(高松孝親)
第30回
2000年 4月
<第30回 記念>
阪神・淡路大震災 犠牲者聞き語り調査について(室崎)
第29回
2000年 3月
災害弱者の避難安全性に関する調査報告 当研究室院生 津村昭博
住宅再建について(室崎)
第28回
2000年 2月
トルコ地震の現地調査報告 当研究室院生 稲葉 亨・津村昭博
トルコ地震における住宅復興に関する考察(越山)
第27回
1999年12月
防災まちづくり大賞について(室崎)
防災まちづくり総プロについて(北後)
第26回
1999年11月
トルコ及び台湾地震について
    (株)キューネットコミュニケーションズ 福岡龍史
台湾における住宅再建の問題点(室崎)
第25回
1999年10月
台湾地震について 当研究室院生 邵 珮君
トルコ地震について(室崎)
第24回
1999年 9月
トルコ地震について(室崎)
フランス国際火災学会に関する報告(北後)
イギリスでのInter-Flamに関する報告 当研究室院生 邵 珮君
第23回
1999年 7月
護民官モデルから復興まちづくりモデルへ
  東京電機大学教授 西山康雄
地震調査研究推進本部の施策提言について(室崎)
第22回
1999年 6月
震災復興まちづくりについて コープラン 小林郁雄
防災コミュニティのありかたについて(室崎)
第21回
1999年 5月
阪神・淡路大震災の焼止りについて
   当研究室大学院生 横田英邦・関籐幹人
阪神・淡路大震災の火災調査の課題(北後)
第20回
1999年 4月
逃げ遅れ型火災に対応した避難安全性能評価手法の構築に関する研究
 -バルコニーからの避難・救助を考慮したモデルによる検討
  当研究室大学院生 吉田俊之
鴨長明「方丈記」と堀田善衛「方丈記私記」(室崎)
第19回
1999年 3月
鳥取地震後における住宅再建について 三和総研 紅谷昌平
建築基準法改正の規定化の最近の動向(室崎)
第18回
1999年 2月
煙流動計算の実火災への適用例と加圧煙制御システム設計について
  神戸大学工学部助教授 松下敬幸
アメリカのOES防災体制について(室崎)

第17回
1998年12月

98年高知豪雨水害について(室崎)
第16回
1998年11月
応急居住空間の変遷とその整備手法
  理研地震防災フロンティアセンター 牧 紀男
神戸市戦災復興について(室崎)
第15回
1998年10月
第1回「火災時の人間行動」国際シンポジウムについて
  フジタ技研 久保田勝明
「防災まちづくり総プロ」について(室崎)
第14回
1998年 9月
<室崎教授 建築学会賞 受賞記念>
人的要素を考慮した建築および都市の防災計画に関する一連の研究(室崎)
第13回
1998年 8月
震災死と孤独死の法医学的検討
   神戸大学医学部助教授 上野易弘
防災まちづくり教育について(室崎)
第12回
1998年 7月
北但馬地震(1925年)における復興計画について -城崎、豊岡の事例-
   当研究室助手 越山健治
福井震災50周年記念事業「世界震災都市会議」について(室崎)
第11回
1998年 6月

資料<pdf>
(櫂谷)

阪神・淡路大震災における神戸市(灘区・東灘区)の自力住宅再建の実態について
  当研究室大学院生 櫂谷 精
病院の防災計画について(室崎)

第10回
1998年 5月
都市における犯罪発生要因 当研究室大学院生 高松孝親
伝建地区における避難技法 当研究室大学院生 安野陽子
第9回
1998年 4月
わが国の防災行政の現状と課題(室崎)
第8回
1998年 2月

大震災時における消防のあり方
  自治省消防庁消防研究所 関沢 愛
防災拠点としての学校のあり方(室崎)

第7回
1997年12月
防災情報システム・被害想定のあり方について(室崎)
第6回
1997年11月
防火・避難の性能規定化について 当研究室助教授 北後明彦
応急危険度判定制度について(室崎)
第5回
1997年10月
防犯のための環境設計について 当研究室大学院生 野田大介
第4回
1997年 8月
アメリカにおける身障者等の避難対策について
  日本建築センター 古川容子
伝統的建造物群と防災まちづくりについて(室崎)
第3回
1997年 7月
阪神大震災における出火原因のとらえ方について 
  建築研究所 岩見達也
ロマプリエタ地震におけるサンタクルズの復興計画について(室崎)
第2回
1997年 6月
資料<pdf>
防災家づくりセミナー(まちづくり協議会主催)
 震災に学ぶ住まいのあり方(室崎)
 火災と住宅防火      神戸市消防局予防課長 小野田敏行
 実際の家づくりについて  復興住宅メッセ所長  城 清明
MURセミナー
 住宅耐震補強のアメリカでの取り組み
  本研究室大学院生 流郷博史
第1回
1997年 5月
建築基準法の性能規定化と防災設計のこれから 
  本研究室教授 室崎益輝
地域防災計画の見直し状況と今後の課題
  地域環境防災計画研究所長 山田剛司
  

Copyright(C) Urban Safety Management Lab.,Kobe Univ. all rights reserved.